地中レーダで閖上浜を捜索! 捜索の輪が大きくなっています。

2013.02.24.16:24

地中レーダ???

先日、ツイッターでDMが届きました。

仙台高専(仙台高等専門学校)の先生からでした。


地中レーダと言う機器がわが校にあるので、捜索に役立てたいとの
申し出を頂きました。

2/9の閖上浜捜索に協力したかったそうですが、来れなかったのだそうです。


地中レーダって何? 

検索したら、地中に埋まってるもの、いろんなものの探索に使用しているらしい。

硫黄島遺骨収集にも使っているとのことでした。

先生(園田准教授)とメールでやりよりさせていただき、
少し理解できました。
レーダ機器を車などで引きながら、地中をレーダー波で探索するみたいです。

園田先生から教えていただいた内容です。

地中レーダは,地中に電波を入射して
対象物からの反射波を観測するものです。

探査深度は,使用周波数帯にもよりますがざっと数m~数十mです。
現在我々が持っている 500 MHz帯の地中レーダですと,
条件にもよりますが~5mくらいは可能かと思います。

地中レーダでは,土壌と探査対象との差(誘電率)が大きいほど
また探査対象が大きいほど探査しやすくなります。
一般的に,土壌の誘電率は5~20程度ですので,
空洞や金属は探査しやすいです。



凄いです!


話しがもっと大きくなって、先生の師匠である東北大の佐藤源之教授チームも
参加して頂けることになりました。


園田先生曰く、
 

「佐藤先生グループで,広域な探査をするために,
地中レーダを8台接続した装置をちょうど導入されたばかりで,
ぜひ閖上浜でやりましょうということで
佐藤先生グループも参加していただくことになりました。
この装置は,野蒜海岸探査用に導入したものとのことです。」



スゴすぎます!!

捜索の輪が大きく広がってきました。


ボランティア団体による閖上浜の捜索
海上保安本部・海猿による海中捜索
そして、今回の地中レーダによる捜索


震災一年を過ぎて消えていた光が、二年を前にふたたび、行方不明者家族に希望の光が灯りました。
スポンサーサイト
                                                                        ブログランキングに参加しました。                                                                東日本大震災を風化させないようにしたいので、クリックしていただければ幸いです m(__)m                                                                                                                                        にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ                         
にほんブログ村                                                   
東日本大震災 ブログランキングへ                                                                                                                                                             

comment

Secret

地中レーダ

2015.08.17.22:04

地中レーダの仕事をやっています。
震災直後、岸壁の空洞調査で宮古に入りました。
現実を目の当たりにし、震えが止まらなかったことを今でも覚えています。
佐藤先生のレーダは、最新技術の詰まったレーダ装置です。
本格的に捜索の為の探査が行われることを切望します。
市販のレーダ装置もたくさんあります。
ちょっと高い車を買える金額でレーダ装置が買えます。
ボランティアでレーダ持ち込んで、探査が出来るのでしょうか。
今の自分に出来ること、考えてみました。

311東日本大震災
プロフィール

takesaotakeyan

Author:takesaotakeyan

ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる