立派~普通の仏壇ではないです。 普通の仏壇に祭りたい気持ちになれない・・・

2013.06.25.01:01


三回忌を前にやっとこのような仏壇を置くことが出来ました。

これが今の所、精一杯です。。

御菓子(お供え物)、おもちゃやゆかりの物は、となりの小さいサイドボードにあります。


取材に来たメディアの方たちは、仏壇があれば先に合掌してくれます。

けれど、知人はしてくれない人がほとんどです。

私の知人ではなく、妻の友人知人ですが、お線香あげて合掌する習慣はないのか、
小さな仏壇とサイドボードと周りの壁に写真を貼っているのですが、
部屋に入っても雅人の事に一言も触れないのがつらいと妻も言っています。

何も言ってくれないから、部屋に入ってわかるようにした、見てもらえるようにしたのですが、スルーされています。
私たちの境遇を知っていて家に上がって、仏壇もどきとお供え写真があることも想像できるはずなのに・・・

みなさんの友人が同じ状況だったら、どうでしょうか。
あえてふれないことがいいと思ってるのか、なんて言っていいかわからないからなのでしょうか。

私たちの気持ちとして、エゴでしょうが、「雅人くんってどんなんだったの」、「雅人君ってお父さん似?」、「おっきかったの?!」とか、一言だけでも聞いってほしいんです。無理なら、合掌だけでも。。。
 可哀想ねって言われるのを期待しているんじゃないんです。部屋には雅人のこと、物があるのに
触れてくれないところが辛いです。

小さい仏壇と雅人の間があります。
スポンサーサイト
                                                                        ブログランキングに参加しました。                                                                東日本大震災を風化させないようにしたいので、クリックしていただければ幸いです m(__)m                                                                                                                                        にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ                         
にほんブログ村                                                   
東日本大震災 ブログランキングへ                                                                                                                                                             

comment

Secret

No title

2013.06.26.14:47

はじめまして。
東京からこのブログをはじめて拝見しています。
私の息子と、漢字は違えど同じお名前です。
私は子供のときより、祖母からまず挨拶するべきはお仏壇と言われ続けてきました。今ももちろんそうしておりますし、子供達にもそうするよう教えています。
亡くなった家族がいるから今自分が命をつないでがんばれる。
自分が愛した人の存在をどうか忘れないでほしい。
その人とどんな生活をして、どれだけ泣いて笑ったのかをほんの少しでいいから受け止めてほしい。
そう思って私に祈る事を教えてくれました。
その祖母は同じ東日本大震災で津波にのまれ亡くなりました。
震災のちょうど一週間前、再婚を直前に控えていた私たち親子の幸せを願っていると言われたのが最後の言葉でした。
3.11のあと、子供達に「明日には身の回りの大切な人がいなくなる事を考えて、一日一日を大切に過ごしなさい。そして、自分につながる全ての人を決して忘れないように生きていきなさい。」と教えました。
今でも毎日、亡くなった祖母だけでなく、あの震災で亡くなったたくさんの方がどんな風に生き、最後に何を考え亡くなっていかれたのかを話します。
私たちは当時仙台在住でしたが、宮城にはたくさんの思い出の場所があります。
その景色を見ながら、たくさんの方が亡くなった事を決して忘れてはいけない、そして何らかの形で伝えられたらいいなと思います。
直接手を合わせることはできませんが、遠い地からご家族のご冥福をお祈りいたします。

面識はなくとも私たちは同士になれる。
それが被災者であってもなくても。
そういう世の中になりますよう、みんなで生きていきましょう。
生きぬけなかったたくさんの命のために。

Re: No title

2013.06.25.08:49

ありがとうございます。

来客、優位人知人の気持ちはわかりますが、それでも息子のこと一言か、合掌してほしいですね。

私たちのことを思ってくれてるなら。


息子自慢、いいですね!

> 私も同じように思ったことがありました。
>
> うちの場合は、仏壇があって それも
> リビングにどーんと置いてあったけれど
>
> 手を合わせてくれない人もいたし
> うちに来ても 将君の話題もせず
> 自分の子供たちのことを
>
> ふつーに話して帰って行きました。
>
>
> でも、何年か経って 話してくれた友達がいました。
>
> 手を合わせるためにうかがったけれど
> 写真を見るだけで 涙があふれそうになって
> 仏壇のほうを見ることさえも辛くてできなかった
>
> って。
>
> その子たちが、私に「あの時は・・・」、と伝えてくれたのは
> 何年もたってからのことでした。
>
> 今みたいに メールやネットがない時代だったので
> 直接会うか お手紙か 電話でしか
> みんなの想いを知ることができなかったし
>
> 私の想いも知ってもらう機会はなかったです。
>
> HPを作ったのは、私の想いを知ってほしかったからです。
>
> 話題にしないのは、話題にして私が泣いちゃったら
> 辛い思いをさせてしまったら と思っていたからと
> 話してくれた友達もいました。
>
>
> 私は、話したいし 聞いてほしい人だけれど
> 私の知り合いは、触れてほしくない人でした。
>
> こうやって 話したい 聞いてほしいって
> 伝えることも 大切な事なんだと思います。
>
> 私の経験でした。
>
> 今度、会ったとき
> お互いの子供自慢をしましょうね

No title

2013.06.25.02:31

私も同じように思ったことがありました。

うちの場合は、仏壇があって それも
リビングにどーんと置いてあったけれど

手を合わせてくれない人もいたし
うちに来ても 将君の話題もせず
自分の子供たちのことを

ふつーに話して帰って行きました。


でも、何年か経って 話してくれた友達がいました。

手を合わせるためにうかがったけれど
写真を見るだけで 涙があふれそうになって
仏壇のほうを見ることさえも辛くてできなかった

って。

その子たちが、私に「あの時は・・・」、と伝えてくれたのは
何年もたってからのことでした。

今みたいに メールやネットがない時代だったので
直接会うか お手紙か 電話でしか
みんなの想いを知ることができなかったし

私の想いも知ってもらう機会はなかったです。

HPを作ったのは、私の想いを知ってほしかったからです。

話題にしないのは、話題にして私が泣いちゃったら
辛い思いをさせてしまったら と思っていたからと
話してくれた友達もいました。


私は、話したいし 聞いてほしい人だけれど
私の知り合いは、触れてほしくない人でした。

こうやって 話したい 聞いてほしいって
伝えることも 大切な事なんだと思います。

私の経験でした。

今度、会ったとき
お互いの子供自慢をしましょうね
311東日本大震災
プロフィール

takesaotakeyan

Author:takesaotakeyan

ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる