3月6日に名取市に提出した嘆願書と提案書を公開します。県に提出したいのですが、未だ連絡が来ないのです。名取市もまだ捜索に関して明示がありません・・・

2014.03.21.14:43

行方不明者捜索のための嘆願書と行方不明者捜索嘆願書に伴う提案書を公開します。

先日、3月6日に名取市役所にて佐々木市長へ嘆願書を提出しました。
そして、集まった署名のコピー、24,510名分を手渡しました。

手書きの方は、宮城県知事に手渡すためにおいてあります。

本当は同日に提出したかったのですが、嘆願書提出の相談を県庁秘書課に相談に行ってから一月以上、返事がありません。
宮城県知事は分単位のスケジュールで動いているので、手渡しならずいぶん後になるので、代理での受け取りで調整しましょうと打診されましたが、できるだけ手渡したいとお願いして帰りました。

メディアの方が秘書課に問い合わせしているのを聞きますが、いつも調整中との返事だそうです。
そろそろ、私自身で県庁に出向くか、電話しないと進まないのではないかと思い始めてきました。

3月6日に先に提出したのは、県知事への提出がいつになるかわからなかったので、このままだと3.11を過ぎてしまうと考えたことと、名取市が受け取ったことで県も早く受け取るのではないかと考えてのことでした。

宮城県知事へ早く、この嘆願書と24,510名の想いを届けたいです。


名取市は、最近になってから捜索してほしい場所を提示すれば捜索するようなこと言っていたのですが、嘆願を提出して捜索してほしい場所を提示したのに、未だ捜索にたいして明示していません。

一部メディアが市に問い合わせたところ、現時点で、捜索については

「かさ上げ工事に合わせて、埋まっている水道管や配管についてご遺体や遺品が入ったりしていないか捜す」というやり方を検討している。
※かさ上げ開始時期はまだはっきりしていない。

その話は、嘆願提出前に岩沼警察署から聞いています。嘆願をしたからの捜索ではないのです。

捜索場所も嵩上げの対象範囲以外もお願いしています。
ボランティアの皆さんでは危険な地中に埋まっている土管や水路の中です。

嵩上げがいつ行われるかわからない状況なら、先にそちらを捜索してください。

嘆願書を提出した時の記事です。 ⇒【クリック】

嘆願を受け取る前から、「かさ上げ工事に合わせて、埋まっている水道管や配管についてご遺体や遺品が入ったりしていないか捜す」と答えようとしてた返事でした。
お願いをしている立場でと思われるかもしれませんが、やっていただきたいので署名を集め、嘆願したのです。

本当にお願いします。


行方不明者捜索のための嘆願書 ⇒【クリック】
行方不明者捜索嘆願書に伴う提案書 ⇒【クリック】 

(捜索場所、捜索方法の提案)

上記でダウンロードして見れます。

嘆願書のみ、こちらに転記します。

                     嘆 願 書

宮城県知事 村井嘉浩 殿
名取市長  佐々木一十郎 殿

           行方不明者を捜せなくなる前に
     大規模な捜索活動を実施していただきたいと嘆願します。

 2011年3月11日、私たちの家族は、名取市閖上で津波により行方不明になりました。それ以来、心は暗闇の中を彷徨っています。一見、普通に生活している様に見えますが、普通の生活をしている自分と深い悲しみの淵にいる自分が共生しているのが現実です。今も私たちのもとに帰ることができない家族を見つけたい、見つけてほしい。見つけることができれば、やっと心の底から泣いて泣いて、そして泣き明かすことができます。そして愛する我が子、兄弟、親を家族で葬ってあげることができる。そういう切実な想いを抱えたまま、もうすぐ3年が過ぎようとしています。
 名取市閖上地区では、753人もの犠牲者を出し、未だ40人が行方不明のままです。警察や自衛隊による大規模捜索は、震災から半年が過ぎた2011年秋に終わりました。小規模での捜索は、地元の岩沼警察署が実施していると説明を受けましたが、いつ、どこで捜索しているのか情報が伝わらず、わかりません。2012年になり、震災から1年経ったころには、行政や警察による捜索はほぼなくなりました。
 そうした官による捜索がなくなり途方にくれていた2013年2月、行方不明者家族の思いを受け止めた民間のボランティアの方々が捜索活動を開始してくれ、私たちに、また家族に会えるかもしれないという小さなあかりが灯りました。それに呼応するように、電磁波工学を専門とする仙台高専の園田潤准教授や東北大の佐藤源之教授が「私たちでできる捜索をしたい」と、地中レーダを用いた捜索も実施してくれました。さらには宇宙航空研究開発機構(JAXA)も協力してくださり、航空機レーダも使用するようになりました。側溝が掘り起こされていないことを知り、岩沼警察署や名取市に説明を聞くと「小さな側溝には遺体が入らないので捜索していない」との返答。それを知ったボランティアの皆さんは、街中の側溝を掘り起こして、土砂の中の捜索を続けていただいています。
 先日、閖上地区の区画整理事業が認可され、土地のかさ上げ工事が開始されることになりました。それ以来、大きな不安にさいなまれています。
「土が盛られてしまえば、不明者は永久に出て来られなくなる」「望まない姿であっても、もう一度家族に会いたい、せめてお墓に入れてあげたい」
ボランティアの皆さんは私たちのそんな気持ちを理解してくださり、「かさ上げ工事が始まり、捜索ができなくなる前に」と、これまで以上に懸命に捜し続けてくれています。
宮城県は近々、閖上地区の広浦湾で、土砂を浚渫して他市町村へ搬送、加工し、土木工事に使用するという復旧工事を予定しています。行方不明者家族は、広浦湾の土砂の中に遺体、遺骨が埋もれている可能性が非常に高いと考えています。先日、当該工事の際、浚渫した土砂、砂利の中から遺体、遺骨の捜索をしてくださるよう、担当する県農林水産部に要望してきました。その後の説明で、浚渫時にできるだけ捜索も実施することを施工業者との間で申し合わせたとのこと。ありがたいことだと思っています。
 ただ、捜索の範囲と規模が小さく、引き上げた砂利の細かな分類もしないような捜索では、遺骨を見つけることはできないと思います。今、予定されている捜索では、遺骨が土木工事の材料として使用されるのではないか、という悔恨の念を将来に渡って抱くことになります。私たち行方不明者家族は、そんな思いを抱えたまま、生きていかなければならないのでしょうか。ぜひ、浚渫工事の際、捜索範囲をもっと拡大し、より詳細な捜索が可能になるよう要望いたします。また、復旧工事だけの予算では、十分な捜索ができません。ぜひ、捜索のための予算措置をお願いいたします。
 名取市は街づくり再建に奮闘されていますが、まだ行方不明者は40人もいるのです。
「土地のかさ上げの前に、浚渫工事の際に見つかっていない家族40人を見つけてあげたい」
これが、私たち行方不明者家族の心に希望のあかりを灯す、最後のお願いです。行方不明者家族の想いを叶えるために、名取市には「県の復興事業である浚渫工事に合せて遺体、遺骨の捜索を広範囲に実施してほしい」と、宮城県へ強く要望していただきたいと願います。後の世代に対しても、大震災による行方不明者捜索に最善を尽くした、全力を尽くしたという事実を残していきたいのです。そうした事実があれば、今後大規模災害が起きた場合にも、被害者は希望のあかりを灯すことができます。

行方不明者捜索のための対策室の設置を
 宮城県には、行方不明者の捜索を指揮監督する部署がありません。県警をはじめ、名取市や海上保安庁がそれぞれ実施しています。そこで、行方不明者捜索を統一的に行い、管理監督するための対策室の設置を要望します。
そして、その対策室の指揮の下で、未だ捜索していない場所を含め浜の大規模捜索をお願いします。ボランティアの皆さんも協力してくれますが、素人では捜せない危険な場所があるのです。ぜひとも閖上地区の区画整理事業で土地がかさ上げされる前に、大規模捜索を実施してください。どうか、よろしくお願いします。
宮城県と名取市に、具体的な捜索場所と捜索方法の提案をそれぞれ別紙でさせていただきますので、よろしくご検討ください。
 最後に、行方不明者家族と、大規模捜索にご賛同いただいた方々から集まった24,500人分の署名を添えて行方不明者捜索のための嘆願書とさせていただきます。
嘆願者 行方不明者家族一同(順不同)
 


スポンサーサイト
                                                                        ブログランキングに参加しました。                                                                東日本大震災を風化させないようにしたいので、クリックしていただければ幸いです m(__)m                                                                                                                                        にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ                         
にほんブログ村                                                   
東日本大震災 ブログランキングへ                                                                                                                                                             

comment

Secret

311東日本大震災
プロフィール

takesaotakeyan

Author:takesaotakeyan

ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる