行方不明者家族の苦しみとは、亡くなったであろうと言うことを受け入れようとしても、どこかで受け入れられないことです。さまよっている・・・・

2014.08.15.00:15

亡くなってしまった、死んでるであろうと言う状況証拠があって、
死亡認定を受け、震災後一年経って「型」として「死」を受け入れました。


その一年は、
「なんでいないの」
「なんで、なんで」
「もう、捜してくれないのでしょうか・・・」
と・・・
どんぞこ


一年経ってあきらめていたころ、防災無線が鳴っていないことを初めて知りました。
大津波警報が出て津波襲来まで1時間以上もあったのに、
市も消防等の避難勧告、指示もなかったと知りました。
いつもお母さんが避難勧告で退避している公民館。
その公民館ではもたない津波だと思った官の人が、津波襲来間際に中学校へ移動させて
途中巻き込まれて亡くなった多数の人たちのことも知りました。

逃げなかったかもの理由、逃げたけど誘導で巻き込まれたかもの理由。

なんで、逃げてくれなかったの!? と一年
思い続けていました。

これだけの犠牲者が出たことがなぜなんだろう、
検証して、次に起こるかもしれない震災で、犠牲者を一人でも少なくしてほしい、
そのために原因究明がいると思い、第三者委員会設立まで奮闘していきました。


でも、息子はいないんです。 

遺体や亡くなった目撃証言でもあれば、大いに泣いて泣いて泣き疲れて
亡くなったことを受け入れることができるでしょう。
それができないのが、行方不明者家族なんです。

下の絵は、
優しいあかりにつつまれて
の中の、妻の分の「いっしょに」の最後の絵になります。

絵本の内容は、
「お兄ちゃんがいたんだよ。でも、震災が起こって。二人とも大事な私たちの子」
と、妹・娘に本当のことを伝えています。


ただ、最後の挿絵にだけ、「想い、希望」を書いていただきました。

私たちが何年、何十年経ってこの世からいなくなって、あの世の浄土で出会うとき。
そのときは、両想いでしょう。

こちらの「この世」であうこと。。。。あいたい












仮に書かれた芳名をみて、かなしくなりました。


スポンサーサイト
                                                                        ブログランキングに参加しました。                                                                東日本大震災を風化させないようにしたいので、クリックしていただければ幸いです m(__)m                                                                                                                                        にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ                         
にほんブログ村                                                   
東日本大震災 ブログランキングへ                                                                                                                                                             

comment

Secret

311東日本大震災
プロフィール

takesaotakeyan

Author:takesaotakeyan

ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる